酵素の必要性は?

酵素は私達の体内で作る事が出来る成分ですが、体内で生成される成分でも、その人にとって十分な量の酵素が生成されているかといえば、必ずしもそうだとはいえません。
体内で生成される酵素は、消化機能や代謝機能などに使われるだけでなく、ストレスや疲れなどを感じても消費されてしまう成分。
「十分な量の酵素がある」というのは、その人の体内で生成される酵素と、消費される酵素とのバランスが取れている状態の事。
体内でどんなにたくさん酵素が生成されていても、それ以上の酵素をストレスや疲れなどによって消費していたのでは、肝心の消化器官や代謝器官に回る酵素が不足してしまう事になります。
そのため、どれだけの酵素が生成されているかというよりも、体内の酵素バランスを考えたほうが良いでしょう。
体内で作られている酵素でも、一生のうちに生成できる量には限度があります。
そのため、体内で酵素が不足してきても食べ物から酵素を補う事もできたわけです。
酵素は熱に弱いため、加熱調理された食事では酵素は全て破壊されているので、食物酵素を摂取する事が出来ません。
酵素には、活性酸素などの有害物質を体内から取り除いてくれるデトックス効果もあります。
生活環境や社会生活の中でニーズが増えている酵素。