審査の甘い銀行って?住宅ローンはどう?通る秘訣は!

夢の私邸を建てるため住宅ローンを申し込んだけど、本審査で落ちたという方が意外にも多いのをご存知ですか。
理由として考えられるのは以下のような方です。
もしも年収200〜300万円の方は難しいかもしれません。
3年以上務めているか、健康は良好かも判断基準になっています。
今までに納金出来なかったデータが残っている方は、信用に欠ける人と判断されてしまい難しいでしょう。
これらに思い当たるふしがないという方は、もう一度きちんと支払いをしているか確認してみて下さい。
スムーズに審査に通るためにも事前の準備と下調べが必要です。
住宅ローンを組む時に皆さんが一番気になるのが金利ではないでしょうか。
住宅ローンの金利は大きく分けて変動金利と固定金利という物があります。
どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行側から薦めなどはありません。
基本的に金利が高いのは固定金利、低いのは変動金利です。
また、金利をどちらにしたら審査が変わってくる。
と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。
固定金利・変動金利どちらが良いか迷った時は、銀行の金利の推移をチェックするのが良いでしょう。
長年住宅ローンの支払いをしていると思いもよらない現金が手に入る事もあるかと思います。
その様な事があったら、是非繰り上げ返済を検討して下さい。
繰り上げ返済とは月々のローンとは別のもので、まとめて現金を返済する方法です。
繰り上げ返済をする事により、ローンの元の金額を減らす事ができますので、元の借入額を減らす事が出来ます。
借入額が減るので、月々の返済も楽になります。
繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合とかからない場合があります。
住宅ローンを申し込んだらまず審査が必要です。
住宅ローンは最大で35年、毎月支払いをしていかなくてはいけませんので、審査はとても厳しく行われます。
審査結果が出るのは約1週間後です。
結果は電話もしくは口頭で伝えられます。
審査に通らないと、残念ながらローンは組めません。
見事、審査が通ったら、次はいよいよ契約に移ります。
契約時には指定された書類をすべて揃える他実印と諸費用も用意しておきます。
諸費用はその人の借りる額によって違いますが、いくら用意すればよいか銀行側から指示されます。
一般的には、数十万〜数百万単位の金額がかかるようです。

住宅ローン審査甘いのは?審査に通らない人の特徴【ブラック回避】