季節によって、非常食を変えるほうがいいの?

冬になると当たり前のように気象情報でみかけると思います。
それは「なんとか~注意報」ですね。
例えば風雪注意報など。
『風雪注意報』 雪を伴う強風によって災害が発生する可能性がある時に発表されます。
『大雪注意報』 大雪によって災害が発生する可能性があると予想した時に発表されます。
『乾燥注意報』 空気の乾燥によって災害が発生する可能性があると予想した時に発表されます。
ですから、火の取り扱いには注意が必要です。
『低温注意報』 低温によって災害が発生する可能性があると予想した時に発表されます。
雪の激しく降る地方においては、次のような注意報をよく見かけると思います。
『霜注意報』 霜によって災害が発生する可能性がある時に発表されます。
早霜や晩霜によって農作物への被害が起こる可能性のある時に発表されます。
『なだれ注意報』 これは、「なだれ」により災害が発生する危険があると予想した時に発表されます。
『着氷注意報』 著しい着氷によって災害が発生する危険があると予想した時に発表されます。
具体的に言うと、通信線、送電線、船体などへの被害が起こる危険がある時に発表されます。
『着雪注意報』 これは、著しい着雪によって災害が発生する危険がある時に発表されます。
具体的に言うと、通信線、送電線、船体などへの被害が起こる可能性のある時に発表されます。
『融雪注意報』 融雪によって災害が発生する危険がある時に発表されます。
具体的には、洪水、浸水、土砂災害などの災害が発生する可能性がある時に発表されます。
※異常気象のせいか雪の降った事もないような地域に何センチも雪が積もったりすることがあります。
また注意報、警報の情報によく注意することですね。
非常食缶詰通販