タバコと便秘は美白の敵?

タバコの主成分であるニコチンは、血管を収縮させる作用があります。
ビタミンCは肌を白くするためにとても重要な役割を担っていて、真皮内のコラーゲンの生産を促進させ、肌のハリを保ってくれたり、メラニンの過剰な生成を抑制してくれるのです。
肌は内臓を見る鏡とも言われています。
便秘の状態が続いてしまうと、からだの中の不要物である排泄物が体外に出ないことによって、毒素が排泄されずに体内に貯まる一方になってしまいます。
肌を白くしたいなら、まずは便秘を改善しなければならないのです。
下剤や浣腸を使って排泄する習慣をつけてしまうと、習慣性便秘になってしまうことがありますから、出来る限り使わないで食生活などで改善してみましょう。
美白作りは、体の内側からです。
美白化粧水ランキング!2016最新おすすめは?【口コミ人気】